鍼灸専門学校を選ぶ時は学費と授業内容の他に奨学金の有無も確認

お灸の問診

学びながら経験も積める鍼灸専門学校

鍼灸時の先生

鍼灸師として仕事をしたいという場合にはまず国家資格の取得を目指さねばなりませんが、国家試験を受験できる資格を得るためには大学や専門学校においてはり師としての知識の取得、きゅう師としての知識の取得を専門的に身につける必要があります。はり師やきゅう師としての知識の取得は他人の健康状態に直結してくるものであるため、短期間で身につけられるというものではありません。そのため、大学においては四年、専門学校においては三年といった具合に鍼灸師としての国家資格を取得するにはそれなりの時間を要することになります。もしも、仕事を続けながら国家資格の取得を目指すのであれば、夜間コースのある専門学校の方が通学する期間も大学と比べて短いのでおすすめです。また、鍼灸専門学校の中には実際の医療機関や鍼灸院などでアルバイトとして現場での経験を積めるサポートを行っているところもあり、そのような専門学校に入学をすれば実際の現場での空気を感じつつ、鍼灸師を目指すうえで必要な知識を身に付けていくこともできます。サポートの充実した専門学校ならアルバイトとして収入を得ながら同時に鍼灸師の資格の取得に必要な実践的な知識を体で覚えることができます。