鍼灸専門学校を選ぶ時は学費と授業内容の他に奨学金の有無も確認

お灸の問診

鍼灸の専門学校へ通うメリットについて

お灸の道具

鍼灸師や柔道整復師を目指して勉強しようと考えている方へ鍼灸専門学校へ通うメリットをお話しします。第1に専門学校はその名の通り、専門分野を集中的に勉強します。鍼灸師になるためには国家試験に合格しなければなりませんが、その国家試験に直結した分野の勉強が専門学校ではできます。また、鍼灸師としての心構えや患者さんとのコミュニケーションの取り方、鍼灸院を開業するための基礎知識なども学校によっては教えてくれるそうです。このような勉強は専門学校ならではだと思います。
第2に学校に通う仲間と切磋琢磨しながら学べるということです。専門学校に入学する学生は、同じ夢を抱いていると思います。楽しさは勿論、苦しみや悲しみを分かち合いながら学習することは、将来にも必ずや役立つことにことになると思います。
最後に専門学校の選び方について少しお話しします。まず、学費や授業のカリキュラムはしっかりと確認することをおすすめします。学費なども学校によって大きく異なってくる場合もあるので十分に注意してください。また、奨学金制度を導入している学校か導入していない学校かで選ぶことも選択肢の一つです。専門学校の学費は決して安くありません。自分が何を学びどうありたいのか、まずはしっかりと考える必要があります。

専門学校に行って鍼灸師になろう

鍼灸師は国家資格が必要で誰でもなれるわけではありません。専門学校に通えば、国家資格取得に有利なカリキュラムを受けられます。
多くの人が考える鍼灸師は痛みを取る、症状を緩和するなどのイメージではないでしょうか。実は、様々な分野に応用が利くのです。ご存知の通り、スポーツ選手の疲労や痛みを緩和するスポーツトレーナーはもちろんのこと、美容にも応用が利くのです。ホルモンバランスを整えたり、リンパの流れを良くする、さらにはアンチエイジングにも効果があります。さらに、最近急速に需要が高まっている介護福祉施設においても活躍の場があります。給与もリハビリ・大体医療系業種の中では高めであり、需要や期待が高い職業と言えるのです。
企業からの需要が高いことも大きな魅力の1つですが、もう一つ大きな魅力があります。鍼灸師には、医療系国家資格のなかでも数少ない独立開業権があります。資格取得後、しばらくは企業に勤め、ノウハウを習得し、将来は自分の治療院を開業するなどのキャリアプランを描く事ができます。個人個人の働き方に応じて柔軟に対応できる魅力的な職業です。
大学に行くと、卒業までに4年かかりますが、専門学校では3年で卒業できます。最短で鍼灸師になりたい人は鍼灸専門学校に行きましょう。

鍼灸の学校は効率よく国家資格が取得でき卒業後の進路も安心です

鍼灸師は国家資格になり、資格を取得するためには既定のカリキュラムなどを学ぶ必要があります。このため、鍼灸師の資格を取得する人は鍼灸専門学校に通うのが一般的です。鍼灸専門学校では鍼灸についての座学から実技までのカリキュラムが提供され、取得を目指して効率よく学ぶことができます。さらに必要に応じて補習も行われ、鍼灸の国家資格の取得実績もあるので、安心して通うことができます。また、学校によっては就学金や寮などのサポート体制も充実しており、高校卒業後に進学する人だけでなく、社会人経験をした人も手に職を持つ新しいキャリア構築として学び直す人も多く、人気が高まっています。
そして、学校に通うメリットは資格取得だけでなく、資格取得後の就職先が決まりやすいことです。多くの学校では実習などで提携している医療機関も多く、そのままスカウトされて就職する人もいます。さらに在学生向けに合同会社説明会も年に数回、開催されています。合同会社説明会では、医療機関から民間企業など開催している学校の学生を採用したいと希望して参加しているから比較的、就職しやすい傾向があります。このため、専門学校の就職率は高い傾向にあるので、卒業後の進路が安心なことも魅力です。